Berhane K, et al., Association of Changes in Air Quality With Bronchitic Symptoms in Children in California, 1993-2012. JAMA 2016; 315:1491-501.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27115265


カルフォルニア州って、ガソリンの最大の消費地なんだそうです。
だからこそ、米国の環境政策の話はカルフォルニアからの報告が多いのかもしれませんね。


P: 3つのコホート試験に含まれる、平均8歳児4602名
女児2268名(49.3%)、ヒスパニック系白人(45.2%)
カルフォルニアの8つの地域((Alpine, Lake Elsinore, Long Beach, Mira Loma, Riverside, San Dimas, Santa Maria, and Upland)
E: 2003~2012年の各汚染物質
C: 1993~2001年の各汚染物質
O: 汚染物質量と呼吸器症状に関連はあるか

結果


10歳時、892例(19.4%)は喘息に罹患していた。
気管支炎性症状は一年間のアンケートを使用して評価された。
<10歳の喘息児の呼吸器症状>
1) 二酸化窒素: 中央値4.9ppbの減少により有症状率が10.1%減少し、オッズ比(OR)は 0.79 (95%信頼区間[CI]: 0.67-0.94)になった。
2) オゾン: 中央値3.6ppbの減少により有症状率が16.3%減少し、 OR 0.66 (95% CI: 0.50-0.86)となった。
3) PM10: 中央値5.8 μg/m3の減少により有症状率が18.7%減少し、OR 0.61 (95% CI: 0.48-0.78) となった。
4) PM2.5: 中央値6.8 μg/m3の減少により有症状率が15.4%減少し、OR 0.68 (95% CI: 0.53-0.86) となった。
<10歳の喘息のない児の呼吸器症状>
1) 二酸化窒素: OR 0.84(95%CI:0.76-0.92)となった。
2) オゾン: OR 0.85 (95%CI:0.74-0.97)となった。
3) PM10: OR 0.80 (95%CI:0.70-0.92)となった。
4) PM2.5: OR 0.79 (95%CI:0.69-0.91)となった。

コメント


大気汚染自体が喘息児にも非喘息児にも呼吸器症状が増悪因子という結果。
それはそうだとも思うし、環境の改善を目指すべきでしょう。
でも、家族の喫煙ももちろん大きな増悪因子ですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事