topic

 TEWL(transepidermal water loss;経表皮水分蒸散量)は、皮膚バリア機能を反映する、非侵襲的な(痛くない)検査として、研究目的でよく使われます。

 そのため、正常値を掴んでおくことは重要になりますが、新生児期の多数例を検討した報告は決して多くはありません。

 多少古い研究結果ですが、生後96時間以内に測定されたTEWLの検討結果の報告をご紹介いたします。

 

P: Cork BASELINE Birth Cohort Studyに参加した新生児1036人(在胎週数37-42週)、後期早産児18人(34-37週)
E: 開放型TEWL測定器( (Tewameter TM 300, Courage+Khazaka Electronic, Cologne, Germany))により、前腕掌側で測定
C: -
O: 新生児のTEWLはどれくらいか

 

結果

 病棟の母の病室のベッドサイドで幌付き乳母車で10分間腕を露出させてから、測定室でさらに5分間待機してから、前腕掌側で測定した。
 すべてのTEWLは空調システムによる室温を20-25℃に調節した窓のない部屋で測定し、湿度はマノメータによって30-45%に維持された。
 TEWLは3回の測定値の平均を記録した。

 満期新生児のTEWLは正規分布に従っており、平均7.06±3.41 g・water/m2/hourだった。

 後期早産児は、平均7.76±2.85 g・water/m2/hourだった。

コメント

 正常新生児におけるTEWL測定結果でもっとも大きい集団による研究だそうです。
 Limitationとして、白人以外の乳児が少数だったため他の人種にも適応できない可能性があるとされていました。

 この論文は、前から知ってはいたのですが、今回再度読んだときにKelleherらの研究結果であることに気が付きました。

 その後Kelleherらは、この研究を発展させ、2015年に生後2日、2ヶ月の経皮的水分蒸散量(TEWL)は、1歳でのアトピー性皮膚炎発症を予測する、2016年には生後2日目のTEWL高値(=バリア機能低下)は、2歳時の食物アレルギー発症を予測する、という二つの大きな研究結果として結実させています。

生後2日、2ヶ月の経皮的水分蒸散量(TEWL)は、1歳でのアトピー性皮膚炎発症を予測する

生後2日目のTEWL高値(=バリア機能低下)は、2歳時の食物アレルギー発症を予測する: コホート研究

 改めて、研究には継続と連続なのだと思いました。自分に今、何ができるのかを考えないとなあと、、。

 

今日のまとめ

✅正常新生児における経表皮水分蒸散量(TEWL)は平均7.06±3.41 g・water/m2/hourである。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事