スポンサーリンク

Petsky HL, et al. Tailoring asthma treatment on eosinophilic markers (exhaled nitric oxide or sputum eosinophils): a systematic review and meta-analysis. Thorax 2018: thoraxjnl-2018-211540.

喘息における、呼気一酸化窒素や喀痰中好酸球。

うさみん
ねえ、ほむほむ、あの患者さん、何をしているの?

ほむほむ
ああ、あれは呼気一酸化窒素を測定しているんだ。

ほむほむ
喘息は、気管支の慢性炎症が大元にあって、呼気一酸化窒素は炎症の程度の目安になるんだ。
そして、制限はあるものの、すでに保険適応がおりていて診療に活用されているんだ。
呼気一酸化窒素が高いと、喘息の発作のリスクが高いことはすでに報告されているよ。

うさみん
じゃあ、呼気一酸化窒素をみながら、薬の調整をしていけば、万事解決じゃあないですか。

ほむほむ
さすがにそこまで単純な話でもないんだ。
じゃあ今回は、呼気一酸化窒素や喀痰中の好酸球を目安に喘息コントロールをするのが有用かどうかを検討した、最近のThoraxに発表されたメタアナリシスをみてみようか。

 

呼気一酸化窒素や喀痰中の好酸球数に基づいた喘息治療を行うと、よりよいコントロールになるかをメタアナリシスした。

背景

■ 喘息のガイドラインは、喘息管理に必要な最小限の治療薬まで調整するように医療者をガイドしている。

■ そして、喘息患者の多くは好酸球性のエンドタイプであるため、気道好酸球レベル(喀痰好酸球または呼気中一酸化窒素 [exhaled nitric oxide; FeNO])に基づいて喘息管理薬を調整することで、喘息のアウトカムが改善される可能性がある。

 

目的

■ 小児および成人の喘息関連のアウトカムを改善するための好酸球性炎症マーカー(喀痰分析およびFeNO)に基づいた喘息管理薬の調整に関し、コクランシステマティックレビューからのエビデンスを統合する。

 

データソース

■ 2017年2月までのコクランレビューに対し、標準的な検索を実施した。

 

研究の選択

■ コクランレビューでは、対照群(主に臨床症状および/または肺活量/ピークフローに基づく)と、喀痰分析またはFeNOに基づく喘息薬調整群を比較したランダム化対照比較が含まれた。

 

結果

■ FeNOに基づく管理 16報告(うち成人に対する7報告)と痰に基づく管理 6報告(成人に対する5報告)は、臨床的に異質性があった。

■ 追跡調査に関し、喀痰好酸球による管理にランダムに割り付けられた参加者は、対照群と比較して増悪する可能性が有意に低かった(1回以上の増悪 100人中62人 vs 100人中82人、OR 0.36; 95%CI 0.21〜0.62)

FeNOによる管理に対しては(対照群と比較した増悪する可能性が)、成人のOR 0.60(95%CI 0.43〜0.84)、小児のOR 0.58(95%CI 0.45〜0.75)だった。

■ しかし、吸入ステロイド薬連日投与量(試験終了時)、喘息管理、肺機能に対しては、いずれの管理方法においても群間に有意差はなかった。

 

結論

■ 気道好酸球マーカーに基づき治療を調整することで喘息増悪の可能性は減少したが、喘息コントロールや肺機能には有意な影響はなかった。

 

結局、何がわかった?

 ✅喀痰好酸球による管理をした参加者は、対照群と比較して、増悪する可能性が有意に低くなった(1回以上の増悪 100人中62人 vs 100人中82人、OR 0.36; 95%CI 0.21〜0.62)。

 ✅ 呼気一酸化窒素(FeNO)による管理に対しては(対照群と比較した増悪する可能性が)、成人のOR 0.60(95%CI 0.43〜0.84)、小児のOR 0.58(95%CI 0.45〜0.75)と、改善した。

 ✅吸入ステロイド薬の連日投与量、喘息コントロール、肺機能に対しては、有意差はなかった。

 

 

呼気一酸化窒素や喀痰好酸球数は、喘息の増悪をへらすための介入指標にはなりそうだが、限界もある。

■ 喀痰を採取するのは、なかなか難しいので、やはり呼気一酸化窒素が普段の治療としては有用でしょう。

呼気一酸化窒素を測定する機械は、たとえば、NIOX-VEROなどです。

■ 喀痰好酸球>1%だとウイルス感染による喘息増悪のリスクが7.6倍に増加し、FeNO>25ppbである場合もリスクが3.4倍になったという報告もあります。

 

created by Rinker
¥1,944 (2018/10/19 04:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

今日のまとめ!

 ✅好酸球性のバイオマーカーである呼気一酸化窒素や喀痰中好酸球は、喘息の増悪をへらすための指標になるかもしれないが、限界もある。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事