オーストラリアにおいて、1歳未満にピーナッツを摂取開始する率は3倍になった
スポンサーリンク

離乳食早期開始の流れが加速している。

■ 日本において、離乳食における卵の開始月齢が早まったことはすでに何度かご紹介してきました。

■ 日本ではまだですが、ピーナッツに関しても早期導入が勧められるようになってきています。

■ 今回は、オーストラリアでは1歳未満でのピーナッツ導入が急速に普及してきているという報告(EarlyNuts Study)をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

2016年11月から2018年10月にEarlyNutsスタディに参加開始した乳児860人が、2007~2011年に実施されたHealthNutsスタディの時期に比較してピーナッツ開始時期が変わったかを確認したところ、

 ✅ HealthNutsスタディでは28.4%(95% CI,27.2-29.7)しか1歳未満でピーナッツを開始していなかったのに対し、EarlyNutsスタディに参加した乳児は大多数で生後12ヶ月(中央値生後6ヶ月)までにピーナッツを開始していた(88.7%; 95% CI 86.1-90.9)。

 ✅ 生後12カ月までにピーナッツを摂取した乳児の4.0%にIgE依存性の反応の可能性があった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう