オーストラリアでの生後1歳未満の乳児対するピーナッツ開始率は、9割になった
スポンサーリンク

ピーナッツを離乳食早期開始の推奨は普及してきているか?

■ 日本はそこまで海外にくらべて、そこまでピーナッツを食べないですが、最近、急速に消費量は増えていると聞きます。

■ そんな中、2015年にピーナッツを早期に離乳食に導入することでピーナッツアレルギーを予防する可能性が報告されました。

■ それを受け、海外ではピーナッツの早期開始が推奨される様になってきています。

■ そのピーナッツの早期導入の推奨が普及してきているかを検討した、オーストラリアの研究結果をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

2016年11月~2018年10月までに募集された860人(EarlyNuts研究)が、 2007年-2011年に募集された5300人の乳児(HealthNuts研究)に比較して、ピーナッツの開始が早まっているかを検討したところ、

 ✅  2016年11月~2018年10月では、88.6%(95%CI 86.1%-90.7%)の乳児は生後12か月(年齢中央値 6か月)までにピーナッツを開始しており、2007年-2011年の28.4%(95%CI 27.2%-29.7%)から増加した。

 ✅ ただし、生後12ヶ月までにピーナッツを開始した児の4.0%がIgE依存性の反応があった可能性があることも示された。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう