食物アレルギーに対する遺伝的な素因は、どれくらいわかっているか?
スポンサーリンク

アレルギー疾患には、遺伝的な素因も一部関連する。

■ アレルギー疾患は、たとえば糖尿病やがんと同様に、遺伝的な素因も関連します。

■ 最近はゲノムワイド研究のような遺伝子全体を統計的に解析する方法がさかんに行われており、アレルギーを発症しやすい遺伝子変異もかなり分かってきています。

■ このような遺伝的な素因を検討することで、よりポイントをしぼった予防策を考えていくことが出来るかもしれません。

■ それらの研究を検討した、最近のシステマティックレビューをご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

食物アレルギーの遺伝的要因に関する32文献を系統的にレビューしたところ、

 ✅ 食物アレルギーの遺伝的な変異に関し、SPINK5、SERPINB、C11orf30、FLG、HLA、IL10、IL13に対するエビデンスがあった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう