HPVワクチンの接種率低下には、それぞれに通知がなされていないことも関係しているかもしれない
スポンサーリンク

HPVワクチンに関し、「積極的な接種勧奨の一時差し控え」によりそれぞれに通知がなされていないことが、接種率の低下に関係しているかもしれないという報告。

■ 多くの高所得国・中所得国の女性の多くがHPVワクチンの接種を受けており( Lancet Global Health 2016; 4:e453-e63.)、日本のみ今後の子宮頚がんによる死亡数が増えるのではないかという研究結果も報告されるようになりました。

■ その中で、「積極的な接種勧奨の一時差し控え」により、HPVワクチンの通知がなされていないことが問題もひとつかもしれないという報告がなされました。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

EUにスイスを含めた31カ国における、HPVワクチンの接種率に関係する因子を調査したところ、

 ✅ HPVワクチンの接種率が高い国では情報が主に学校保健サービスを通じて行われており、案内状やリマインダーが使用されていた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう