ファイザー社新型コロナワクチンの3回目接種(ブースター接種)により、抗体価の上昇はどれくらいか?
スポンサーリンク

新型コロナワクチンのブースター接種の是非に関し、議論が続いています。

■ デルタ株の拡大に伴い、ブースター接種の是非が議論されるようになってきました。

■ 外来でもときどき聞かれる事が増えてきているテーマですが、十分なデータがない状況でした。

■ そんな中、9月15日のNEJMに、2本の論文が公開されました。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

18~55歳11人と65~85歳12人に、ファイザー社新型コロナワクチン2回目の接種から7.9~8.8カ月後に3回目の接種を行い、抗体価の推移を検討したところ、

 ✅ 3回目の接種から1カ月後までに、野生型ウイルスに対する幾何平均抗体価(GMT)は、2回目の接種から1カ月後のGMTの5倍以上(18〜55歳)、7倍以上(65〜85歳)に上昇した。

 ✅ β変異に対するGMTは、3回目の接種以降、野生型ウイルスに対するGMTよりも増加し、接種2回目の15倍以上(若年層)、20倍以上(高齢層)となり、野生型ウイルスとβ変異を中和する差が縮まった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう