pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
牛乳アレルギーのある乳児に対する低アレルゲンミルク(高度加水分解乳)は、身長・体重増加を改善させるかもしれない
妊娠前の母のバランスの良い食事は、子どもの喘鳴を減らすかもしれない
食物蛋白誘発胃腸症は、小児救急外来における嘔吐の鑑別診断として重要
6歳まで持ち越した牛乳アレルギー、改善する可能性はどれくらいあるか?
はやめに舌下免疫療法をはじめたほうが、気管支喘息の発症リスクと医療費が減るかもしれない
IgE抗体陽性のために除去食が指導されていたピーナッツアレルギー児の多くは、実際に食べると症状はない
学童に対するインフルエンザワクチン集団接種は、インフルエンザで亡くなる乳幼児のリスクを減らしていた
鶏卵を食べられるようになった児は、ウズラ卵を摂取できる可能性が高い
アトピー性皮膚炎発症予防において、Fam's baby保湿剤は、2e(デューエ)保湿剤より有効か?:PAF試験
アトピー性皮膚炎に、アレルゲン免疫療法は有効か?:システマティックレビュー&メタアナリシス
高IgE症候群を含む遺伝性皮膚疾患に、デュピルマブは有効か?
卵アレルギーの発症予防には、どのような調理形態が有用かつ安全か?
日本の子どもは、1歳半および3歳時にどれくらい卵やピーナッツを開始しているか?
生後3ヶ月に、どれくらいの乳児が食物アレルゲンと吸入アレルゲンに感作されているのか?
きょうだいから受け継いだ腸内細菌叢は、下のきょうだいの食物アレルギーを防ぐ一因になる?
日本において、ピーナッツを離乳食に早期導入すると、ピーナッツアレルギー予防に働くか?