pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
吸入ステロイド薬の使用は、ぜん息による死亡率を低下させる
児のアトピー性皮膚炎は、母の睡眠の質を悪化させる
離乳食開始時期は、食物アレルギーの発症・感作に関連するか?
インスタまとめ:アレルギー総合シリーズ
イソプロテレノール持続吸入は、サルブタモール持続吸入よりも重症喘息発作に有効である
ステロイド点鼻薬は、喘息の悪化も抑える?
プロトピック軟膏によるプロアクティブ治療は有効か?
低分子薬内服は、アトピー性皮膚炎に有効か?
ラクトフェリンは、超未熟児の感染症を減らすのか?
親指の付け根のシワは、皮膚のバリア機能と感作を予測するかもしれない
メラトニンは、小児アトピー性皮膚炎の症状を改善させるかもしれない
慢性じんましんに対する抗ヒスタミン薬の有効性を予測できる?
寒冷じんましんに対し、抗ヒスタミン薬の増量は有効か?
アトピー性皮膚炎は睡眠の質を低下させる
生後8~14ヶ月からプロバイオティクス(乳酸菌)を内服すると、アトピー性皮膚炎の発症が抑えられるかもしれない