pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
伝染性軟属腫(水いぼ)に対するカンタリジン塗布は有効か?
正しい食物アレルギー診断は、保護者の不安を低減する
感染後の遷延性咳嗽に麦門冬湯は有効か?
プリックテスト用のイヌアレルゲン液は、アレルゲン量のばらつきがある
乳児期のアトピー性皮膚炎はその後の喘息や鼻炎の発症と強く関連している
伝染性軟属腫(水いぼ)の治療は、摘除・カンタリジン・サリチル酸・イミモキドのどれが優れるか?
メポリズマブ(ヌーカラ)の長期安全性は?
伝染性軟属腫(水いぼ)の患者さん向けのレビュー
伝染性軟属腫(水いぼ)の摘除術が失敗する要因は何か?
虫除けと日焼け止めを同時に使用する場合、ディートとイカリジンのどちらがより安全か?
伝染性軟属腫(水いぼ)の発症リスクはなにか?
伝染性軟属腫(水いぼ)を摘除した場合の予後は?
【全文訳】タクロリムス(プロトピック)外用薬の灼熱感は、TEWLにより予測できる
伝染性軟属腫(水いぼ)に、ヨクイニンは有効か?
プロトピック外用薬よりアトピー性皮膚炎そのものが、悪性リンパ腫の発症リスクとなる
アトピー性皮膚炎は、かゆみだけでなく痛みも頻繁に起こる