pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
日本の年少児におけるアレルギー疾患の有症率はどれくらいか?
新型コロナ(SARS-CoV2)の家庭内における二次感染リスクはどれくらいか?
新型コロナ(SARS-CoV2)は、インフルエンザよりも重症度が有意に高く、医療資源を多く消費する
ピーナッツに対する経口免疫療法が成功しても、少量の摂取継続では維持できないかもしれない(POISED試験)
1歳までの離乳食の種類を増やすほど、喘息の発症リスクが低下するかもしれない
子どものクルミアレルギーの鑑別に、『Jug r 1』が有用である
カシューナッツに含まれる蛋白質『Ana o 3』に対するIgE抗体価は、カシューナッツアレルギーを予測する
アトピー性皮膚炎の皮膚に定着している黄色ブドウ球菌量は、その後の治療効果を予測する
『GoToトラベル』キャンペーンへの参加は、新型コロナの感染リスクを上げるかもしれない
【全訳】新型コロナに対するmRNAワクチンは、2回の接種で少なくとも4ヶ月間の抗体高値を維持する
小児の脱水症を評価するには、どの身体所見が有用か?
マグネシウムの追加吸入は、小児の重症喘息発作に有効か?
ダニに対する免疫療法が、エビアレルギーを改善する?:症例報告
救急外来に受診した子どもの『咳』は、4週間後にどれくらい残っておりどんな病名がついているか?
ヨーグルトを頻回に摂取していると、子どもの胃腸炎の頻度が減るかもしれない
乳児のライノウイルス感染(多くの鼻かぜの原因)は、冬に重篤化しやすい