新着記事
デュピルマブによる治療は、中等症以上のアトピー性皮膚炎患者の労働生産性を上げるかもしれない
皮膚への接触や吸入により、重篤なピーナッツアレルギー反応はどれくらい起こりうるか?
JAK阻害薬は、アトピー性皮膚炎の治療に有効か?:メタアナリシス
低GI食は、座瘡(にきび)を改善させるか?
日本における、重篤な牛乳アレルギーの小児に対する経口免疫療法の結果は?(ORIMA試験)
デュピルマブは6歳から12歳の重症アトピー性皮膚炎に有効であり、52週間投与でも安全(LIBERTY AD PED-OLE試験)
スギ花粉とダニの舌下免疫療法を、どちらを先に実施しても、同時に実施しても、副作用も効果も同等である
経口JAK阻害薬バリシチニブ(製品名オルミエント)は、中等症以上のアトピー性皮膚炎に有効である(BREEZE-AD5試験)
英国における食物によるアナフィラキシーは増加しており、厳しいアナフィラキシーの要因として乳が増えている
ペプチドミルク(Eあかちゃん)は、加水分解乳(MA-mi)よりも、乳アレルギーを耐性させやすいかもしれない
サルブタモール(ベネトリン)吸入で、食物負荷試験時の腹痛が改善する?
ブデソニド吸入薬(商品名パルミコート)の早期吸入開始が、新型コロナの増悪をへらすかもしれない(STOIC試験)
中国製の新型コロナワクチンの現状は?
離乳食早期導入により、ナッツ類の気道吸引事故が増えているかもしれない
アストラゼネカ製の新型コロナワクチンの血栓は、どんな機序で起こるのか?
体位性頻脈症候群(起立性調節障害の一病型)の危険因子はなにか?
スポンサーリンク