当直明けに、、、

 

 多くの小児科の先生方と同様、わたしも一般の小児科医で、一次から二次の救急当直をそれなりにこなしています。

 多くの先生方と同じように、翌日も普通に外来をし、日々の仕事を行っています。

 そして20年近く小児科医をしていますが、やっぱり当直は怖いし、疲れるし、小児科医としての気持ちを衰えさせます。

 

その当直明けの帰宅途中、、

 

 以前、「BLUE GIANT」という、ジャズコミックをご紹介しました。

BLUE GIANT(1)

 その時、すごく感銘を受けて、力をもらったコミックでした。

 今日の帰宅途中の書店で、その新刊と、さらに「新シリーズ BLUE GIANT SUPREME 」がでていました。

 帰宅途中の電車の中で読んでいました。

 当直明けの重い体と心を勇気づけてくれる新刊でした。

 ジャズのコミックですが、私のような音楽からっきしで全く問題なく、「前に進む!心」を思い出させてくれるコミックです。タイミングいいなー。

 詳しく書いてネタバレすると大変ですので書きませんが、中盤あたりの、はじめてジャズをドイツのおばあさんに聴いてもらうシーンが一番好きです。

 私はもう、世界一を目指すことは出来ないけれど、前に進むことはまだできるし、このブログみたいに新しいこともチャレンジできる!

 

 当直につかれたときに、是非

 なお、新シリーズを読まれる前に、前シリーズを先に読むことを強く推奨します。

 じつは、まだ前シリーズの10巻を読んでいないのですが、明日買います!なぜ、この展開になっているか気になる、、

 

結局、何がわかった?

✅「BLUE GIANT」は、当直明けに効く!

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事