新着記事
NEW!
インスタまとめ:「食物アレルゲンの基礎知識」シリーズ
小児期の喘息が成人するまでに寛解する予測因子はなにか?
日本の成人のスギやダニに対する感作率はどれくらいか?
喘息予測インデックスより有用? 小児喘息リスクスコア PARSの初報告
幼児期に発症したアトピー性皮膚炎は、その後喘息をより発症するリスクを上げる
ネコを低アレルゲン化するワクチン?
虫除け(ディート)と日焼け止めを同時に使用したら、吸収率に差が出るか?
デュピルマブ(デュピクセント)は、重篤な感染症を減らすかもしれない
モビコールはラクツロースより有効性が高い
複数の食物アレルゲンに感作されていると、吸入アレルゲンにも感作されやすいかもしれない
ワセリンは、紫外線を防ぎますか?助長しますか?
乳幼児期の喘鳴時のアレルゲン感作は、その後の喘鳴持続を予測するかもしれない
子どもの水いぼ(伝染性軟属腫)はいつ頃改善するか?
アトピー性皮膚炎を発症しても、喘息へ移行するのは3割である
気管支喘息につながりやすいアトピー性皮膚炎は、どんな特徴があるか?
スポンサーリンク