アトピー性皮膚炎(治療)の記事一覧
プロトピック軟膏による長期治療は、皮膚のコラーゲン量や皮膚厚を改善する
セラミドを多く含有した保湿剤は、小児アトピー性皮膚炎に有効かもしれない
掻きぐせに対する行動科学的アプローチは、アトピー性皮膚炎の改善を促進する
掻くことによってかゆみが止まるメカニズムとは?
アトピー性皮膚炎の痒みに対し、プロトピック軟膏が有効である
最も強いステロイド外用の連続使用はクッシング症候群を起こしうる
保湿剤の使用は、黄色ブドウ球菌の増加抑制や皮膚状態改善に働く
プロトピック軟膏による刺激感は、アレロックにより軽減されるかもしれない
ステロイド嫌い(忌避)は、医療従事者にも少なからず存在する
アトピー性皮膚炎におけるステロイド嫌い(忌避)は治療の障壁となる
手湿疹に対し、ステロイド外用薬と同様にプロトピック外用薬も有効かもしれない
顔(眼瞼)へのステロイド外用薬は、眼圧をあげるのか?
プロアクティブ療法(保湿剤定期塗布とステロイド外用薬の間欠塗布)で小児アトピー性皮膚炎の再燃が減る
皮膚バリアを改善させる新規化合物(JTC 801)の初報告