アレルギーその他の記事一覧
妊娠中のアレルゲン特異的免疫療法は、先天奇形などを増やさない
東京に住む児童では、アレルゲン感作は5歳から9歳時に大きく進む
低アレルゲンの猫は存在しないが、猫によりアレルゲンの産生量の差がある
皮膚描記症は、食事により悪化するかもしれない
妊娠中のフェキソフェナジン(アレグラ)の内服は、先天異常のリスクを増加させない
慢性じんま疹の有症率はどれくらいなのか?:メタアナリシス
スギ花粉とダニの舌下免疫療法を、どちらを先に実施しても、同時に実施しても、副作用も効果も同等である
アレルギー性鼻炎があると成績がさがり、鎮静性抗ヒスタミン薬はさらに成績がさがるかもしれない
ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギーの10例
小青竜湯は、通年性アレルギー性鼻炎に有効か?
小児の鼻症状に関し、その経過や特徴からアレルギー性かどうかを鑑別できるか?
フェキソフェナジン(商品名アレグラ)の妊娠中の内服は、子どもにおける奇形などの問題を増やさない
ビラスチン(商品名ビラノア)は、倍量内服しても蛇行運転へ影響しない
花粉症にマスクは有効か?
サングラスは、花粉症の目の症状や抗ヒスタミン薬の使用量を減らすかもしれない
寝る前に内服した第一世代抗ヒスタミン薬は、日中のパフォーマンスも低下させる