食物アレルギー(診断)の記事一覧
ゴマに対するアナフィラキシーの診断には、Prick to Prickテストが有用かもしれない
鶏卵アレルギーのある児は、他の家禽(うずら・ハト・ガチョウ・七面鳥など)の卵にどれくらい感作されているか?
ハイリスクの乳児のピーナッツ導入前の検査では、Ara h2特異的IgE抗体価が有用である
日本の年少児におけるアレルギー疾患の有症率はどれくらいか?
子どものクルミアレルギーの鑑別に、『Jug r 1』が有用である
カシューナッツに含まれる蛋白質『Ana o 3』に対するIgE抗体価は、カシューナッツアレルギーを予測する
大豆特異的IgE抗体価は、負荷試験陽性を予測するには有用性が低い
グリーンキウイが食べられなければ、ゴールドキウイも食べられない?
カシューナッツアレルギーにおけるAna o3特異的IgE抗体価は、重度のアナフィラキシーを予測する
日本における、食物経口負荷試験の結果は?
あるナッツ類にアレルギーがあると、どのナッツ類で症状がでやすいか?
小麦アレルギーがよくなってきているかの指標として、ω5グリアジン特異的IgE抗体価は有用である
乳アレルギーが有る場合に、乳糖は摂取できるのか?
小麦に重篤な症状があっても、オーツ麦はほとんどが摂取できる
積極的な食物負荷試験は、患者さんのQOLを改善しているか?