アトピー性皮膚炎の記事一覧
デュピルマブ使用中の顔の湿疹病変にはタクロリムス軟膏?
脂漏性湿疹へは、抗真菌薬よりもタクロリムス軟膏のほうが有効?
乳児期に頻回にオイル浴をすると、かえって皮膚バリア機能が下がるかもしれない
新規アトピー性皮膚炎外用薬タピナロフ1%クリームの有効性と安全性は?
日本の生後6ヶ月以上のアトピー性皮膚炎に対するデュピルマブ(デュピクセント)の効果と安全性は?
内服JAK阻害薬は、アレルギー反応や皮膚バリア機能を示すTh2・Th22細胞の反応性を低下させる
内服JAK阻害薬からデュピルマブに変更した際には、一時的な悪化に注意が必要かもしれない
アレルギー疾患は、貧血のリスクを上げる?
新生児期からの保湿剤塗布は、『気候』によっては保湿剤を塗る回数を調整したほうが良いかもしれない?
”保湿剤”の塗布は新生児の皮膚バリア機能を下げ、食物アレルギーの発症リスクを上げる?
保湿剤の塗布は、アレルギーマーチを予防するかもしれない
デュピルマブ(商品名デュピルマブ)は結節性痒疹に有効か?
子どものアトピー性皮膚炎は学習障害を起こしやすくなるかもしれない
免疫抑制薬タクロリムス軟膏とPDE4阻害薬クリサボロール軟膏に、子どものアトピー性皮膚炎に対する効果の差はあるか?
内服JAK阻害薬バリシチニブ(商品名オルミエント)は、2歳以上の中等症以上のアトピー性皮膚炎に有効である:BREEZE-AD PEDS試験
デュピルマブは、アトピー性皮膚炎のある5歳未満の子どもの感染症を減らす?