食物アレルギーの記事一覧
英国における食物によるアナフィラキシーは増加しており、厳しいアナフィラキシーの要因として乳が増えている
ペプチドミルク(Eあかちゃん)は、加水分解乳(MA-mi)よりも、乳アレルギーを耐性させやすいかもしれない
サルブタモール(ベネトリン)吸入で、食物負荷試験時の腹痛が改善する?
離乳食早期導入により、ナッツ類の気道吸引事故が増えているかもしれない
ゴマに対するアナフィラキシーの診断には、Prick to Prickテストが有用かもしれない
食物アレルギーを予防する『早期離乳食開始』が、困難になる要因はなにか?
早期離乳食開始による食物アレルギーの予防効果は、湿疹がある群にもっとも強くはたらく
鶏卵アレルギーのある児は、他の家禽(うずら・ハト・ガチョウ・七面鳥など)の卵にどれくらい感作されているか?
軽症の卵アレルギー児の経口免疫療法としては、家庭で週ごとに増量するより、病院に受診ごとに増量し維持した方が、有効かもしれない
牛乳3mLを長期間継続して摂取すると、25mLを摂取できるようになる率が徐々に増加する
ハイリスクの乳児のピーナッツ導入前の検査では、Ara h2特異的IgE抗体価が有用である
卵のコンポーネントに複数感作されていると、卵アレルギーが治りにくいかもしれない
魚のトロポミオシンアレルギーは、貝アレルギーと関連するか?
卵アレルギーは、診断後12ヶ月間の卵白特異的IgE抗体価の減少率が大きいと寛解しやすい
乳児期と、より高い年齢での食物によるアナフィラキシーに違いはあるか?
『ピーナッツ早期導入前のアレルギー検査』は、どれくらい過剰に診断し、どれくらい見逃す可能性があるのか?