食物アレルギーの記事一覧
学校にあるテーブル拭きや床のホコリには、どれくらい食物アレルゲンが含まれるのか?
小麦アレルギーがある児は、『古代小麦』に対しても同様にアレルギー反応を起こす可能性が高い
加熱乳と非加熱乳における経口免疫療法は、どちらが有効でリスクが低いか?
近くにあるピーナッツから拡散するタンパク量で、どれくらいピーナッツアレルギーの症状が起こりうるか?
ナッツアレルギーがあっても、そのナッツを識別できるとは限らない
食物経口負荷試験時に主観的な口腔内症状がある場合、負荷試験を継続するか?中止するか?
乳児期の食物アナフィラキシーの原因アレルゲンは?
ピーナッツを1歳以降に開始すると、1歳未満に開始するよりもピーナッツアレルギーを発症しやすくなるかもしれない
皮膚への接触や吸入により、重篤なピーナッツアレルギー反応はどれくらい起こりうるか?
日本における、重篤な牛乳アレルギーの小児に対する経口免疫療法の結果は?(ORIMA試験)
英国における食物によるアナフィラキシーは増加しており、厳しいアナフィラキシーの要因として乳が増えている
ペプチドミルク(Eあかちゃん)は、加水分解乳(MA-mi)よりも、乳アレルギーを耐性させやすいかもしれない
サルブタモール(ベネトリン)吸入で、食物負荷試験時の腹痛が改善する?
離乳食早期導入により、ナッツ類の気道吸引事故が増えているかもしれない
ゴマに対するアナフィラキシーの診断には、Prick to Prickテストが有用かもしれない