食物アレルギーの記事一覧
卵のコンポーネントに複数感作されていると、卵アレルギーが治りにくいかもしれない
魚のトロポミオシンアレルギーは、貝アレルギーと関連するか?
卵アレルギーは、診断後12ヶ月間の卵白特異的IgE抗体価の減少率が大きいと寛解しやすい
乳児期と、より高い年齢での食物によるアナフィラキシーに違いはあるか?
『ピーナッツ早期導入前のアレルギー検査』は、どれくらい過剰に診断し、どれくらい見逃す可能性があるのか?
乳児期の顔の湿疹は、乳アレルギーのリスクになるかもしれない
離乳食の導入時にリスクが高い乳児を鑑別するために、湿疹以外にどのような点が着目されるか?
家族のピーナッツアレルギーと本人の湿疹の既往、どちらが強くピーナッツアレルギーの発症に関連するか?
鳥の羽と卵黄中の蛋白質αリベチンが交差して起こる『bird-egg症候群』とは
卵白に含まれる耐熱性蛋白質オボムコイドは、小麦と混ぜて十分加熱するとアレルゲン性が大きく下がる
小麦を離乳食に早期に導入すると、セリアック病の発症が減るかもしれない
日本の年少児におけるアレルギー疾患の有症率はどれくらいか?
ピーナッツに対する経口免疫療法が成功しても、少量の摂取継続では維持できないかもしれない(POISED試験)
1歳までの離乳食の種類を増やすほど、喘息の発症リスクが低下するかもしれない
子どものクルミアレルギーの鑑別に、『Jug r 1』が有用である
カシューナッツに含まれる蛋白質『Ana o 3』に対するIgE抗体価は、カシューナッツアレルギーを予測する