食物アレルギー(病因)の記事一覧
近くにあるピーナッツから拡散するタンパク量で、どれくらいピーナッツアレルギーの症状が起こりうるか?
乳児期の食物アナフィラキシーの原因アレルゲンは?
ピーナッツを1歳以降に開始すると、1歳未満に開始するよりもピーナッツアレルギーを発症しやすくなるかもしれない
皮膚への接触や吸入により、重篤なピーナッツアレルギー反応はどれくらい起こりうるか?
英国における食物によるアナフィラキシーは増加しており、厳しいアナフィラキシーの要因として乳が増えている
魚のトロポミオシンアレルギーは、貝アレルギーと関連するか?
乳児期の顔の湿疹は、乳アレルギーのリスクになるかもしれない
離乳食の導入時にリスクが高い乳児を鑑別するために、湿疹以外にどのような点が着目されるか?
家族のピーナッツアレルギーと本人の湿疹の既往、どちらが強くピーナッツアレルギーの発症に関連するか?
鳥の羽と卵黄中の蛋白質αリベチンが交差して起こる『bird-egg症候群』とは
醤油に含まれる大豆アレルゲン性の低下には、火入れの過程が重要である
醤油には、小麦蛋白質はほぼ含まれていない
小児に使用されるスキンケア製品には、高率に食物アレルゲンが含まれる
夏になると増える、魚によるヒスタミン中毒(スカムロイド中毒)とは?
調理用小麦粉に含まれたダニは、どんな条件でより増殖するか?
小麦に対する経口免疫療法が成功しても、運動で誘発されるケースは多い