食物アレルギー(治療)の記事一覧
プロバイオティクスを併用したピーナッツ免疫療法は有効か?
加工食品中の食物アレルゲンの含有閾値『加工食品100g当たりタンパク質0.5mg』表記に関する、欧州GA²LENポジションペーパー
食物アレルギーに対する免疫療法の有効性・安全性は?:システマティックレビュー&メタアナリシス
Baked milkによる経口免疫療法は有効か?:ランダム化比較試験
1歳から3歳のピーナッツアレルギーに対し、経口免疫療法は有効か?:IMPACT試験
カシューナッツアレルギーの経口免疫療法は有効か?:NUT CRACKER試験
複数・少量の食物負荷でも、一定の免疫寛容を誘導するかもしれない
小麦依存性運動誘発アナフィラキシーに対し、小麦舌下免疫療法が有効かもしれない
加熱乳と非加熱乳における経口免疫療法は、どちらが有効でリスクが低いか?
日本における、重篤な牛乳アレルギーの小児に対する経口免疫療法の結果は?(ORIMA試験)
ペプチドミルク(Eあかちゃん)は、加水分解乳(MA-mi)よりも、乳アレルギーを耐性させやすいかもしれない
サルブタモール(ベネトリン)吸入で、食物負荷試験時の腹痛が改善する?
軽症の卵アレルギー児の経口免疫療法としては、家庭で週ごとに増量するより、病院に受診ごとに増量し維持した方が、有効かもしれない
牛乳3mLを長期間継続して摂取すると、25mLを摂取できるようになる率が徐々に増加する
卵白に含まれる耐熱性蛋白質オボムコイドは、小麦と混ぜて十分加熱するとアレルゲン性が大きく下がる
ピーナッツに対する経口免疫療法が成功しても、少量の摂取継続では維持できないかもしれない(POISED試験)