食物アレルギー(予防)の記事一覧
離乳食早期導入により、ナッツ類の気道吸引事故が増えているかもしれない
食物アレルギーを予防する『早期離乳食開始』が、困難になる要因はなにか?
早期離乳食開始による食物アレルギーの予防効果は、湿疹がある群にもっとも強くはたらく
『ピーナッツ早期導入前のアレルギー検査』は、どれくらい過剰に診断し、どれくらい見逃す可能性があるのか?
小麦を離乳食に早期に導入すると、セリアック病の発症が減るかもしれない
1歳までの離乳食の種類を増やすほど、喘息の発症リスクが低下するかもしれない
生後3~6ヶ月の粉ミルク摂取は、1歳時点での乳アレルギーを予防するかもしれない
生後1ヶ月から普通粉ミルク10mL以上を摂取していると、乳アレルギーが予防できる(SPADE試験)
補完食(離乳食)の開始時期と種類は、アレルギー疾患の発症予防に影響するか?
生後3日間の粉ミルクの追加は、その後の牛乳アレルギーの発症リスクを上げる?(ABC試験)
オーストラリアでの生後1歳未満の乳児対するピーナッツ開始率は、9割になった
オーストラリアにおいて、1歳未満にピーナッツを摂取開始する率は3倍になった
英国よりイスラエルでのピーナッツアレルギーが少ない理由は?
ピーナッツアレルギー予防ガイドライン改訂(海外)に関する患者さん向けの記事
離乳食開始時期は、食物アレルギーの発症・感作に関連するか?
母からのIgG抗体は、児のアレルギーを予防するかもしれない