topic

 

 昨日、乳児血管腫( infantile haemangiomas ;IH)に対するプロプラノロール内服治療とステロイド内服治療の比較の研究結果をご紹介いたしました。

乳児血管腫に対するプロプラノロールはステロイドと副作用が変わらない

 今後、IHに対する治療はプロプラノロール内服がファーストチョイスになってくることが予想されます。

 では、ステロイド内服は古い治療として使用を考慮しなくなるのでしょうか?

 今回は、プロプラノロール内服に加え、ステロイド内服を併用した症例報告をご紹介いたします。

 

症例報告なのでPECOはなし。

 

 結局、何を知りたい?

 ✅乳児血管腫治療のファーストチョイスになってきているプロプラノロール(ヘマンジオル)内服単独で治療困難な難治性乳児血管腫に対し、ステロイド内服を併用した例を報告しようとしている。

 

結果

 

症例1

 3ヵ月男児。
 生後2ヵ月から急速に増大する、重篤な潰瘍を伴う上背部の乳児血管腫( infantile haemangiomas ;IH)のために受診した。

 ワセリンとDuoDERMとパルス色素レーザーによる伝統的な創傷治療にもかかわらず、IHの90%以上が潰瘍化したうえ、少量出血のある頻回の疼痛が増悪し、生後4ヵ月は275cm2もの大きさの、中等度に深い潰瘍が全病変にある、暗紫灰色の病巣となった。

 プロプラノロールは、2mg/kg/日が処方され、2週以内に186cm2に縮小したが、潰瘍や持続性の毛細血管出血は増悪した。

 Aquacel抗原やTegadermが追加されたにも関わらず、潰瘍は経口プレドニゾロン2mg/kg/日を追加するまで持続した。

 プレドニゾロン開始2週以内に、IHは173cm2に縮小し潰瘍は有意に改善され、3週後にはIHは完全な再上皮形成を伴う129cm2の病巣になった。

 最大投薬量の5週間後からプレドニゾロンは4週間で潰瘍の再発なく漸減に成功し、プロプラノロール使用は、生後10ヵ月まで継続されIHは軽快した。

 

症例2

 生後4ヵ月の女児。
 生後数週から出現し、生後7週で痛みを伴う潰瘍が悪化した左腹部のIHのために受診した。
 左腹部に、62cm2の中心潰瘍を持つ、限局的なIHと18cm2の血管性病巣が認められた。

 プロプラノロールは2mg/kg/日で2週間日投薬され、容積は縮小したが中心の持続性の深い潰瘍を残した。

 2mg/kg/日の経口プレドニゾンが追加され、2週間で潰瘍とIHは10cm2の潰瘍を残して早期に再上皮形成し、有意に縮小した。

 プレドニゾロンは4週間で漸減されたが、リバウンドや潰瘍再発はなかった。

 プロプラノロールは生後9ヵ月まで継続された。

 

 結局、何がわかった?

 ✅潰瘍形成を伴う乳児血管腫に対し、プロプラノロールに併用したステロイド内服は効果があるようである。

 

コメント

 

 全身性コルチコステロイドに比較しプロプラノロールの有効性と副作用の低下を支持している多数の研究があり、IH治療の中心はプロプラノロールとなろうとしています。

 しかし、潰瘍を併発しているIHのケースでは、プロプラノロール単独療法の効果が充分でないかもしれないとしており、現在のファーストラインの治療で治療困難な潰瘍を併発したIHの治療に対し、経口コルチコステロイドは、今後も役割があるかもしれないとしていました。

 

 今日のまとめ!

 ✅プロプラノロール内服で改善不十分な、潰瘍形成をしている乳児血管腫に対して、ステロイド内服が追加治療として選択できるかもしれない。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事