スポンサーリンク

Chrostowska-Plak D, et al. Relationship between itch and psychological status of patients with atopic dermatitis. J Eur Acad Dermatol Venereol 2013; 27:e239-42.

アトピー性皮膚炎のかゆみは、つらい症状のひとつ。

■ アトピー性皮膚炎のかゆみは、生活の質を落とします。

■ そこで、かゆみと、生活の質・抑うつ症状を比較した研究をご紹介いたします。

 

 

成人のアトピー性皮膚炎89人における、かゆみとストレス・生活の質・抑うつとの関係を評価した。

背景

■ かゆみは、アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis; AD)の主症状である。

 

目的

■ 調査目的は、成人のアトピー性皮膚炎(AD)患者におけるかゆみとストレス、健康関連の生活の質(health‐related quality of life ; HRQoL)と抑うつとの関係を評価することだった。

 

方法

■ アトピー性皮膚炎(AD)患者89人(男性30人、女性59人)が含まれ、人口統計および臨床データが収集された。

■ かゆみの強さは、10点満点のビジュアルアナログスケール(Visual Analogue Scale; VAS)、4項目かゆみアンケート(4‐Item Itch Questionnaire)皮膚の生活の質指数(Dermatology Life Quality Index)に基づくHRQoLBeckの抑うつインベントリ(Beck’s Depression Inventory;BDI)による抑うつ症状に従って評価した。

■ 患者が経験したストレスは、社会再調整評価尺度(Social Readjustment Rating Scale)ストレス自己評価尺度(Stress Self‐assessment Scale)で評価した。

 

結果

■ VASによるかゆみの平均強度は7.9±2.2ポイントであり、4項目のかゆみアンケートによれば14.0±4.4ポイントであった。

かゆみの強さは、病状の増悪前に患者が経験したストレスに関連していた(ρ= 0.37、P <0.001)

かゆみとHRQoLには有意な相関が見られ(VAS:ρ= 0.5、P <0.001、4項目かゆみアンケート:ρ= 0.5、P <0.001)、かゆみとBDIも同様だった(VAS:ρ=0.5(P < 0.001)、4項目かゆみアンケート:ρ=0.5(P < 0.001)。

抑うつを示唆する症状のある患者は、他の患者と比較してより強いかゆみがあった(VAS:9.1±1.6 vs 7.6±2.2点、P = 0.004; 4項目かゆみアンケート:17.3±2.5 vs 13.1±4.4点、P < 0.001)。

 

結論

■ アトピー性皮膚炎のかゆみの強さは、患者の心理社会的幸福を決定する上で重要な役割を果たす。

■ アトピー性皮膚炎は、QoLを改善し、抑うつの潜在的なリスクを軽減するための、効果的で長期間のかゆみを軽減する治療が必要である。

 

結局、何がわかった?

 ✅アトピー性皮膚炎のかゆみは、事前に感じたストレスに相関する。

 ✅かゆみと生活の質・抑うつは相関する。

 

 

かゆみを減らすためには、結局はスキンケアや薬物療法により、皮膚の改善を目指すのが先決でしょう。

■ アトピー性皮膚炎のかゆみは、睡眠障害も起こします。

中等症以上のアトピー性皮膚炎があると、中途覚醒が多い

■ アトピー性皮膚炎は、その定義からも「かゆみ」は必発です。皮膚加療をを早期に行い、改善を目標にすべきでしょう。

 

今日のまとめ!

 ✅アトピー性皮膚炎のかゆみは、生活の質・抑うつに相関する。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事