pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
脂漏性湿疹へは、抗真菌薬よりもタクロリムス軟膏のほうが有効?
JAK阻害薬外用薬デルゴシチニブ軟膏は、円形脱毛症に有効か?
乳児期に頻回にオイル浴をすると、かえって皮膚バリア機能が下がるかもしれない
新規アトピー性皮膚炎外用薬タピナロフ1%クリームの有効性と安全性は?
地中海食は、アレルギー疾患に効果があるか?
ピーナッツ早期摂取で発揮されたアレルギー予防効果は、12歳まで維持されるのか?
加熱ピーナッツによる経口免疫療法?
オマリズマブ(商品名ゾレア)は、食物アレルギーの治療成績を改善させる
くるみアレルギーの経口免疫療法の3例報告
日本の生後6ヶ月以上のアトピー性皮膚炎に対するデュピルマブ(デュピクセント)の効果と安全性は?
内服JAK阻害薬は、アレルギー反応や皮膚バリア機能を示すTh2・Th22細胞の反応性を低下させる
スウェーデンにおける新生児乳児食物蛋白胃腸症は、いつ頃改善したか?
生後5日以内の母親の鶏卵摂取は、子どもの鶏卵アレルギーの発症を予防するか?
内服JAK阻害薬からデュピルマブに変更した際には、一時的な悪化に注意が必要かもしれない
アレルギー疾患は、貧血のリスクを上げる?
大豆アレルギーにおけるGly m4特異的IgE抗体価でバラ科果物アレルギーを予測できる