pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
大規模な森林火災による大気汚染は、周辺地域でアトピー性皮膚炎の悪化や皮膚のかゆみを引き起こすかもしれない
大気汚染物質はアトピー性皮膚炎の悪化因子となり、とくに涼しい季節や小児では強く影響する
デュピルマブ(デュピクセント)投与中の、顔面や頸部の紅斑:システマティックレビュー
デュピルマブは結節性痒疹を改善するか?
乳児期の食物アナフィラキシーの原因アレルゲンは?
ピーナッツを1歳以降に開始すると、1歳未満に開始するよりもピーナッツアレルギーを発症しやすくなるかもしれない
水の硬度とアトピー性皮膚炎は関連するか?
円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は、相互に関連するか?
デュピルマブによる治療は、中等症以上のアトピー性皮膚炎患者の労働生産性を上げるかもしれない
皮膚への接触や吸入により、重篤なピーナッツアレルギー反応はどれくらい起こりうるか?
JAK阻害薬は、アトピー性皮膚炎の治療に有効か?:メタアナリシス
低GI食は、座瘡(にきび)を改善させるか?
日本における、重篤な牛乳アレルギーの小児に対する経口免疫療法の結果は?(ORIMA試験)
デュピルマブは6歳から12歳の重症アトピー性皮膚炎に有効であり、52週間投与でも安全(LIBERTY AD PED-OLE試験)
スギ花粉とダニの舌下免疫療法を、どちらを先に実施しても、同時に実施しても、副作用も効果も同等である