pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
NEW!
オボムコイド特異的IgE抗体価が低下傾向であると、卵アレルギーが改善してきているかもしれない
抗IL-33抗体 エトキマブは、ピーナッツアレルギーを効率的に改善させるかもしれない
アトピー性皮膚炎に対し、各種の微量ミネラルやビタミンが有効か?
睡眠不足は、皮膚の老化や回復に関係するか?
頸部のリンパ節に対する、経リンパ節免疫療法の初報告
イヌのアレルゲン量は、洗浄で減少するか?
ダニを通さないカバーは、アレルギー疾患の予防や治療に有効か?
ネコアレルゲンは、衣服を通して拡散しているかもしれない
ネコを洗浄するとネコアレルゲン量は低下するが、1週間も維持されない
家庭向け衣類乾燥機で、ダニは死滅するか?
どれくらいの紫外線照射により、ダニを死滅させうるか?
喘息の悪化要因となるというハウスダスト1gあたりチリダニ”10μg”の報告した初期の研究
赤身肉に対するアレルギーは、マダニに噛まれると増え、血液型がB型であると少なくなる
ペニシリンに対する明らかなアレルギーがあっても、『側鎖』が異なると使用できるかもしれない
ダニが気管支喘息の悪化原因になっていることを報告した初論文