pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
NEW!
保湿剤によるアトピー性皮膚炎の発症予防研究(BEEPとPreventADALL)が予防に失敗した理由は?
感作が強くなると、感作そのもので皮膚のバリア機能を下げてしまうかもしれない
ゴマに対するアナフィラキシーの診断には、Prick to Prickテストが有用かもしれない
農場での環境曝露はアトピー性皮膚炎の発症リスクを低減するが、軽微な曝露ではリスクを低減しない
学校の再開は新型コロナの感染拡大に関与はするものの、影響は軽微かもしれない
PDE4阻害薬であるクリサボロール軟膏は、生後3ヶ月から24ヶ月にも安全で有効かもしれない
グリセリンやパラフィンを含んだ保湿剤を塗り続けると、小児アトピー性皮膚炎の再燃とステロイド外用薬の使用が減る
成人の喘息発作入院中、気管支拡張薬にパルミコート懸濁液を併用したほうが入院期間が短縮されるかもしれない
炎症性皮膚疾患(アトピー性皮膚炎や乾癬)があると、新型コロナに感染しやすいか?
食物アレルギーを予防する『早期離乳食開始』が、困難になる要因はなにか?
早期離乳食開始による食物アレルギーの予防効果は、湿疹がある群にもっとも強くはたらく
12歳以上の中等症以上のアトピー性皮膚炎に対し、内服によるJAK阻害薬 アブロシチニブは有効である(JADE MONO-1試験)
新生児期のビタミンKの不使用は、出血リスクを上げ頭蓋内出血も起こすかもしれない
鶏卵アレルギーのある児は、他の家禽(うずら・ハト・ガチョウ・七面鳥など)の卵にどれくらい感作されているか?
軽症の卵アレルギー児の経口免疫療法としては、家庭で週ごとに増量するより、病院に受診ごとに増量し維持した方が、有効かもしれない
牛乳3mLを長期間継続して摂取すると、25mLを摂取できるようになる率が徐々に増加する