アトピー性皮膚炎に対し、各種の微量ミネラルやビタミンが有効か?
スポンサーリンク

微量ミネラルやビタミンとアトピー性皮膚炎の関連を尋ねられることがありました。

■ 最近、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関連だけでなく、他の微量元素やビタミンとアトピー性皮膚炎の関連を尋ねられることがありました。

■ 個人的には、栄養のバランスを優先して、あまりこだわらないほうがと考えていると伝えた上で、ビタミンDやプロバイオティクス、多価不飽和脂肪酸の話をしました。

■ でも、ビタミンCやビタミンAなどに関して聞きたいという方もいらっしゃるようです。

■ そこで今回は、そのテーマのシステマティックレビューをご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

経口微量栄養素(ビタミン [C、E、D]、微量ミネラル [亜鉛、セレン、鉄、銅、マグネシウム、ストロンチウム])がアトピー性皮膚炎に与える役割を検討した49研究を、系統的に検討したところ、

 ✅ ビタミンDの補助がアトピー性皮膚炎に有益であることを示唆するエビデンスがあったが、ビタミンCやEに関しては、弱い関連性程度のエビデンスしかなかった。

 ✅ セレンや亜鉛欠乏はADを増悪させることがある(管理人注; 補充すればよいという意味ではありません)。

 ✅ 微量元素やビタミンとアトピー性皮膚炎に関連に関する報告は限られており、ランダム化比較試験がさらに必要である。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう