アトピー性皮膚炎の治療における入浴やシャワーは効果がある?それともない?:システマティックレビュー&メタアナリシス

アトピー性皮膚炎のスキンケア、洗う?洗わない?

■ 夏が近づいてきました。

■ 『首回りや、膝うらが悪化しやすくなりました』という患者さんからの話を聞くことがおおくなってきたわけですが、その場合に考えるのが『洗浄』です。

■ スキンケアにおいて、洗浄の議論はすくなからずあり、以前、医学雑誌でレビューをまとめたことがあります。

■ とはいえ、多くのガイドラインでは、入浴頻度などの推奨には具体性は十分ではなく、医師ごとに推奨に一貫性がないのが現状です。

■ そこでこのテーマに関して、再度確認してみると、ノースウェスタン大学の研究チームから、メタ解析が発表されていました。

 

Hua T, Yousaf M, Gwillim E, et al. Does daily bathing or showering worsen atopic dermatitis severity? A systematic review and meta-analysis. Arch Dermatol Res. 2021;313(9):729-735.

アトピー性皮膚炎に対する入浴/シャワーによる治療の臨床的有効性を評価する13研究に関してメタ解析した。

背景・目的

■ アトピー性皮膚炎(AD)における水浴び・シャワーの最適な頻度は不明である。
■ そこで、ADの重症度改善における異なる入浴/シャワー頻度の有効性を明らかにすることを目的とした。

方法

■ ADにおける入浴/シャワーによる治療計画の臨床的有効性を評価する研究について、システマティックレビューとメタ分析を行った。
■ MEDLINE、EMBASE、SCOPUS、LILACS、Cochrane、China National Knowledge Infrastructure、台湾電子定期刊行物、CiNiiを検索した。
■ 2名の著者が独立してタイトル/抄録、全文レビュー、データ抽出を行った。

結果

■ 対象となった13の研究はすべて前向き研究であり、入浴/シャワー療法を受けた患者において、ベースラインと比較して1つ以上の時期にでAD重症度が数値的に低下していることが示された。

■ ランダム効果回帰モデルにおいて、週7回以上の入浴/シャワーと週7回未満の入浴/シャワーは関連しなかった。
■ 週7回未満の入浴/シャワーは、eczema area and severity index(EASI)におけるCohen's Dスコア(5研究; 最小二乗平均 1.34 vs.0.90; P = 0.45; I2 = 91.8)、Scoring AD(SCORAD)(5研究; 0.73 vs. 0.41; P = 0.13; I2 = 97.4)、体表面積(4研究; 0.45 vs. 0.28; P = 0.17; I2 = 93.4)。

■ 研究デザイン、質、保湿剤使用、ステロイド外用薬の使用による感度分析でも、同様の結果が観察された。
■ Egger回帰検定(P≥0.26)またはBegg順位検定(P≥0.19)により、出版バイアスは検出されなかった。
■ 質的解析には3研究が含まれ、入浴/シャワーが週7回以上で、ADによるInvestigator Global Assessments(IGA)、皮膚病変の範囲、かゆみが有意に改善することがわかった。

結論

■ 結論として、ADにおける入浴/シャワーの最適な頻度は、依然として不明である。
■ しかし、毎日のシャワー/入浴は重症度の悪化と関連しておらず、ADでは許可されるべきである。
■ 最適な入浴パラメーターを決定するためには、より大規模でデザイン性の高いRCTがまだ必要である。

 

 

この研究の背景や管理人の感想は、noteメンバーシップでまとめました。

 

created by Rinker
診断と治療社
¥187 (2024/05/30 09:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

このブログは、私の普段の勉強の備忘録やメモを記録しているものですので、細かい誤字脱字はご容赦ください。
基本的に医療者向けで、申し訳ありませんが、質問には基本的にお答えしておりません。

知識の共有を目的に公開しておりますが、追加して述べる管理人の意見はあくまでも個人としての私見です。
所属するいかなる団体の立場も代表するものではありませんし、すべての方に向いているという情報でもありません。予めご了承いただきたく存じます。

このブログの『リンク』は構いません。
しかし、文章やアイデアを盗用・剽窃・不適切な引用したり、許可なくメディア(動画を含む)に寄稿することはご遠慮ください。
クローズドな場での勉強会などに使用していただくことは構いません。
Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Xでフォローしよう