スポンサーリンク

Palmer DJ, Sullivan T, Gold MS, Prescott SL, Heddle R, Gibson RA, et al. Randomized controlled trial of fish oil supplementation in pregnancy on childhood allergies. Allergy 2013; 68:1370-6.


n-3多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)は魚油に多く含まれ、n-6多価不飽和脂肪酸に比べアレルギー予防に働く可能性が示唆されています。1歳時点でのアレルギー疾患予防に関して報告されていますが、その児たちのその後の結果です。


 

P: アレルギーハイリスクの妊婦706例
E: 魚油カプセル(n-3 LCPUFA900mg含有)を21週から出産まで毎日投与 368例
C: 植物油脂((n-3 LCPUFA含有なし) 21週から出産まで内服 338例
O: 3歳でのアレルギー疾患の発症に差があるか


結果

n-3多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)と対照群で、3歳時点でのIgE依存性アレルギー疾患に有意差は認められなかった(64/368(17.3%)対76/338(22.6%);補正相対危険度0.78; 95%信頼区間 0.58-1.06; P = 0.11)。

湿疹は最も頻度の高いアレルギー疾患であり、 n-3 LCPUFA群の13.8%、対照群で19.0%(補正相対危険度0.75; 95%信頼区間 0.53-1.05; P = 0.10)発症していた。

 

コメント

この後、6歳時点でも差がないことが示されています。n3系PUFAの効果は長続きはしないものなのでしょうか、、
ただし、1歳時点での効果は認められていることから、妊娠中に魚を積極的に摂取することは推奨はできると思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事