乳幼児期のカビ曝露は、その後のアレルギー疾患に影響するか?: コホート試験

Thacher JD, et al. Mold and dampness exposure and allergic outcomes from birth to adolescence: data from the BAMSE cohort. Allergy 2016.[Epub ahead of print]

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27925656

 


時間がなくてAbstractのみの確認ですが、きれいな結果ですので問題ないかと。

カビは、環境抗原の中でも喘息の悪化に働くと考えられていますが、必ずしも臨床研究報告は多くありません。

あくまでアンケートからですが、カビと喘息・鼻炎の予後をみた報告です。


 

P: スウェーデンの出生コホート(BAMSE)から、カビもしくは湿気のアンケート結果を得た3798人

E: カビもしくは湿気

C: –

O: 16歳までの喘息・鼻炎とIgE感作との関連はあるか

 

 

結果

 

感作は、3293人の血液サンプルを評価した。

カビまたは湿気への曝露は、16歳までの喘息(OR 1.31; 95%CI 1.08-1.59)と関連していた。

カビの匂い(OR 1.29; 95%CI 1.03-1.62と目に見えるカビ(OR 1.28; 95%CI 1.04-1.58)への曝露は鼻炎と関連していた。

非アレルギー性喘息(OR 1.80; 95%CI 1.27-2.55)と鼻炎(OR 1.41; 95%CI 1.03.1.93)はリスク増加に関連した。

カビもしくは湿気は、IgE感作に関連しなかった。

カビもしくは湿気への曝露は、持続性喘息と関連していた(OR 1.73; 95%CI 1.20-2.50)。

 

 

コメント

 

幼少時のカビまたは湿気への暴露は、特に16歳までの非アレルギー性の喘息や鼻炎のリスクが増加に関連するとまとめられます。

ベースラインのデータがアンケート結果からですので、ややエビデンスとしては弱いですが、貴重な報告と思います。