topic

 

 今回は、肩の力が抜けた論文紹介を。

 小児でも、大人でも、歯ぎしりは周囲の睡眠を妨げます。

 小児における歯ぎしりのリスクを検討したメタアナリシスを紹介します。

P: 0~12歳の小児における歯ぎしりに関連した危険因子を検討し基準を満たした14研究
E: 歯ぎしりあり
C: 歯ぎしりなし
O: 小児の歯ぎしりに関連する因子は何か?

 

 結局、何を知りたい?

 ✅小児の歯ぎしりのリスク因子を検討するために、過去の研究結果をまとめようとしている。

 

結果

 

 小児の歯ぎしりの危険因子として、いびき (OR 2.86; 95%CI 1.85-4.42; p<0.0001)口呼吸(OR 1.51; 95%CI  1.04-2.18; p=0.029)落ち着かない睡眠(OR 2.31; 95%CI 1.89-2.83; p<0.0001)流涎(OR 1.79; 95%CI 1.07-2.97; p<0.026)腹臥位(OR 1.70; 95%CI 1.0-2.39; p<0.003)不十分な睡眠時間(OR 2.56; 95%CI 1.48-4.43; p<0.001)が同定された。

 

 結局、何がわかった?

 ✅小児における歯ぎしりは、いびきが2.86倍、口呼吸が1.51倍、落ちつかない睡眠が2.31倍、よだれが1.79倍、腹ばいでの睡眠が1.70倍、睡眠不足が2.56倍、リスクを上げる。

 

コメント

 

 腹臥位と訳しましたが、「stomach position」と英語では記載されています。

 英辞郎にもなかったので、Googleで画像検索すると、腹臥位のポジションの様だったので、とりあえず腹臥位と訳しました。

 

 今日のまとめ!

 ✅いびき、口呼吸、落ちつかない睡眠、流涎、腹臥位、睡眠の不足は、小児における歯ぎしりに関連した危険因子である。

 

Instagramはじめました

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事