低分子薬内服は、アトピー性皮膚炎に有効か?
スポンサーリンク

低分子薬は生物学的製剤より安価であり、次のアトピー性皮膚炎治療薬として注目されている。

■ 重症アトピー性皮膚炎の治療は生物学的製剤によって大きな変革期を迎えていますが、これらは基本的に高価で、皮下注射がメインの薬剤です。

■ 内服薬ではこれまで抗ヒスタミン薬を中心としてきましたが、十分な効果とは言えませんでした。

■ そのなかで、一部の低分子薬は新薬としては比較的安価な内服薬として注目されています。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

 ✅ アトピー性皮膚炎に対する経口低分子薬で治療された研究(7記事計250人)をレビューしたところ、アプレミラスト、バリシチニブ、JNJ-39758979、トファシチニブの研究において、疾患重症度、医療効果評価、生活の質に対する改善が認められた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう