日本だけでなく、韓国でも小児のアトピー性皮膚炎が減り始めている
スポンサーリンク

平成26年の調査以降、アトピー性皮膚炎の有症率が下がりつつある理由は、はっきりしているわけではない。

■ 最近になって、東京の3歳児調査でのアトピー性皮膚炎の有症率がさがりはじめ、後追いするように食物アレルギーの有症率が下がってきています。

アレルギー疾患に関する3歳児全都調査(概要版)

アレルギー疾患に関する3歳児全都調査(概要版)から引用。

■ この理由は十分にはわかっていませんが、近隣諸国ではどのような経過をとっているのかを確認すると、韓国でも同様の傾向を示していると報告されていました。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

2008年~2017年の韓国全国横断調査(National Health and Nutrition Examination Survey; 国民健康栄養調査)により、アレルギー疾患の有症率の推移を検討したところ、

 ✅ 乳幼児と就学前児童のアトピー性皮膚炎の有病率が有意に減少していた(いずれもP<0.05)。

 ✅ アレルギー性鼻炎は学童・成人・高齢者で、アトピー性皮膚炎は学童・高齢者で、それぞれ有意に増加していた(いずれもP<0.05)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう