生後3ヶ月時のアトピー性皮膚炎、ドライスキン、経皮水分蒸散量は、その後の感作を予測する
スポンサーリンク

TEWLと感作に関して注目されてきている。

■ 経皮水分蒸散量(TEWL)とは、皮膚のバリア機能を推測するための指標です。

■ そしてTEWLが、アトピー性皮膚炎の発症を予測することは既報があります。

■ そんな中、PreventADALL試験をのフォローアップ研究から、さらにそのことを補強した検討結果がAllergy誌に報告されていますので共有します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

ノルウェーとスウェーデンで実施されたPreventADALL試験に参加した児をフォローアップし、生後3ヶ月時の湿疹やドライスキン、TEWLが生後6ヶ月時の感作を予測するかを検討したところ、

 ✅ 3ヵ月後の湿疹、ドライスキン、TEWL高値は、6ヵ月時の感作のリスクを増加させ、それぞれ調整オッズ比が4.20(95%CI 2.93-6.04)、2.09(95%CI 1.51-2.90)、3.67(95%CI 2.58-5.22)だった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう