pedallergy2016
pedallergy2016
「小児アレルギー科医の備忘録」管理人。 日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。
pedallergy2016の記事一覧
桔梗湯は、上気道感染時の咽頭痛を軽減するか?
伝染性軟属腫(水いぼ)は、アトピー性皮膚炎があると発症しやすいかもしれない
日本の家庭のハウスダスト中の卵蛋白質量は、ダニ蛋白量より多い
大気汚染は、小児気管支喘息の発症リスクになるか?
保湿剤の種類により、患児の受け入れは異なるか?
乳幼児期の重症のアトピー性皮膚炎は、その後の喘息発症リスクになる
小児期の昆虫毒アナフィラキシーは、どれくらい改善するか?
乳幼児期のハチ毒アナフィラキシーはどれくらい起こりうるのか?
黄色ブドウ球菌の保菌は、食物アレルギーの耐性を阻害する
アトピー性皮膚炎とアレルギー疾患総論
アトピーマーチ総論 2019
アレルギー性喘息があると、ライノウイルス感染時に鼻腔でIgE抗体が多く産生される
乳児期の低レベルの食物感作は、その後の食物アレルギーや湿疹の発症を予想するかもしれない
ピーナッツ経口免疫療法は、効果はあるもののリスクも高くなる:メタアナリシス
アトピー性皮膚炎は、自殺のリスクと関連しているかもしれない
アトピー性皮膚炎の重症度が高くなると、心血管疾患が増加する?