受動喫煙は、喘息入院や救急受診を増加させる: システマティックレビュー

2017年5月30日

Wang Z, et al. Effects of secondhand smoke exposure on asthma morbidity and health care utilization in children: a systematic review and meta-analysis. Ann Allergy Asthma Immunol 2015; 115:396-401.e2. 

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26411971


P: 受動喫煙曝露に関して小児の喘息増悪を含む喘息重症度を評価した25試験
E: 受動喫煙あり
C: 受動喫煙なし
O: 入院、救急もしくは緊急受診(重篤な喘息症状、喘鳴、肺機能検査結果)


 

結果


受動喫煙曝露のある喘息児は、受動喫煙のない喘息児に比べ入院リスクが約2倍だった(オッズ比[OR]1.85、95%信頼区間[CI]1.20-2.86、P = .01)。
受動喫煙曝露はまた、より多い救急受診や緊急受診リスク(OR 1.66、95%CI 1.02-2.69、P = 0.04)、より多い喘鳴症状(OR 1.32、95%CI 1.24、1.41、P < .001)、より低いFEV1.0%(OR 3.34、95%CI 5.35~1.33、P = .001)と有意に関連していた。


コメント

以前、大気汚染と呼吸器症状に関しての報告をUPしました。


しかし、受動喫煙のほうも負けず劣らず(むしろ、もっと強力に)喘息発作には悪化要因になることがわかります。
患者さんのご両親に、「PM2.5より、目の前で吸っているタバコのほうが、お子さんの喘息に悪い影響を与えていますよ」とお話しすることがあります。とは言っても、喫煙しているご両親は、「タバコは喘息には悪い」ことは理解されていることは多く、理解していても行動に移せないというジレンマに陥っていることもままあり、禁煙指導は決して簡単ではありません。