シナジスの投与条件:確認用EXCELシート_2014年版

シナジスの投与条件がいつからいつまでかを自動計算して確認するためのEXCEL表。

■ 今回はいつもと違い、論文紹介ではありません。でも、皆様のお役に立つかもしれません。

 

 シナジスの投与条件って難しいです。

■ シナジスは極めて重要なワクチンではありますが、高価でもあり、一部の赤ちゃんにしか適応されません。しかし、投与条件が少し複雑で、自分でもどうだったけ?と、良くわからなくなってしまうことがありました。

 

RSウイルス感染流行初期において

早産児

・ お母さんのお腹にいた期間が 28週以下で、RSウイルス流行開始時に12ヵ月齢以下の赤ちゃん
・ お母さんのお腹にいた期間が 29〜35週で、RSウイルス流行開始時に6ヵ月齢以下の赤ちゃん

慢性肺疾患を持つ子ども

・ 過去6ヵ月以内に気管支肺異形成症などの呼吸器疾患の治療を受けたことがあり、RS ウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下の子ども

先天性心疾患を持つ子ども

・ RSウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下の先天性心疾患児で、血行動態(心臓や血流)に異常がある子ども

免疫不全を伴う子ども

・ RSウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下の免疫不全を伴う子ども

ダウン症候群を伴う子ども

・ RSウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下のダウン症候群の子ども

 

2014年11月作成「シナジス投与ガイド(http://abbvie-channel.com/synagis/pdf/synagis_guide_%202014_1022.pdf)から

 

■ そこで(あくまで参考用に)、2014年にシナジスの投与条件を自動計算するシートを作成しました。当院では電子カルテに組み込んで、IDや氏名、出生年月日は自動で入力され、省力化を図っています。若い先生には結構好評で、いまだに当科(他の分院や本院には配布していないので、あくまで当院のみの話です)では使用されています。

■ そこで、そのEXCEL表をご紹介いたします。

 

シナジス投与条件EXCEL表

↓↓下をクリックしてダウンロードしてください↓↓

 シナジス投与条件 _UL

★ 注! 2014年11月の投与条件です。新しい投与条件が追加になった場合は使用しないで下さい ★

★ 注2! この表を使用することで起こったいかなる害も作成者は責任を負えません ★

 

 スポンサーリンク


シートの使用方法

生年月日、在胎週数、体重を入力します。

 

疾患の有無をプルダウンメニューから選択します。

9月の第何週に接種を開始するかを入力します。接種終了は4月の終わりがデフォルトになっています。

 

■ 後は自動的に計算されます。接種量は目安ですので、地域の保険適応状況をご確認ください。

 

 

 もし、他の表のご希望があれば。

 

■ もしEXCEL表の不具合があれば、お知らせください

■ このようなEXCEL表は結構作ることが多いのですけど、もし好評なら他のEXCEL表もUPしてみたいと思っています。

■ 例えば、こんなのですね。こういったもので、できる限りミスや手間を減らし、説明時間を長くできればいいなと思ってます。

1) 体重ごとのORSの飲み方(体重を入力すると、どれくらいの量をどれくらいの間隔で飲んだらいいかを確認できる)。

2) 1か月健診表(出生年月日と退院日+それぞれの体重、1か月健診日+体重を入力すると、1日あたりの体重増加と退院日からの体重増加が自動計算される)。

3) 外来で使用する希釈する必要のある薬剤の比例自動計算表(何mlに希釈して何ml使用する)。希釈薬剤はセフトリアキソン、ソルメルコート、ソルコーテフ、ミノマイシンくらいですけど。

 

 

 

* なぜiPad Proの、あえて”前の世代”をご紹介しているかというと、9.7インチのiPad Proが大きく値下がりしていて、10インチ以下だとマイクロソフト謹製の「office mobile」が無料で使用できるからです。このEXCEL表も使えます

* 10.5インチの現行版では、「office mobile」を無料で使用できません。128GB版が32GBに比べて安さが目立つようです(2017/9/20現在6万円弱)。でも、値上がりしているようなら、購入しないでくださいね。

スポンサーリンク