記事一覧
インフルエンザ迅速検査は、発症からの時間で感度が大きく変化する
小児アトピー性皮膚炎の経過は6種類に分けられる
薬剤希釈計算:確認用EXCELシート_2018年版(β仕様)
小児に対するステロイド外用薬やプロトピック外用薬は、長期間使用しても安全か?
インフルエンザ脳炎/脳症の発生率と臨床像は?
妊娠前/中に葉酸やマルチビタミンを内服すると、子どもの自閉症スペクトラム障害が減るかもしれない
スポンサーリンク
カテゴリー
このブログを書いているひと

◇ 専門は小児アレルギー学。日本アレルギー学会専門医・指導医・代議員。日本小児アレルギー学会評議員。日本小児科学会専門医。

◇ このブログの主旨と注意点は、About Meをご覧ください。

◇ このブログが、医療者のみなさまの一助となり、最終的には患者さんの幸せにつながりますように。