妊娠中のCOVID-19(新型コロナウイルス)感染は、胎内で児へ垂直感染する可能性があるか?
スポンサーリンク

COVID-19(新型コロナウイルス)感染時の、児への垂直感染の可能性をみた9例の検討。

■ COVID-19(新型コロナウイルス)感染症に関する報告は、急速に増えてきています。

■ 私は一介の小児科医ですので、あくまでCOVID-19感染に関する全体のまとめは、呼吸器感染症専門医や、感染症専門医の提言やまとめを参考にしています。

■ とはいえ、小児科に関係するCOVID-19感染症に関しては、注意深く文献を読むことにしています。

■ そこで昨日は、JAMAからの1歳未満の乳児に対するCOVID-19感染の症例集積研究を、情報共有を目的にご紹介しました。

■ 今回は、Lancetからの報告で、妊娠中のCOVID-19感染症が、児への垂直感染をきたす可能性に関して検討した結果をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した妊婦9人から、児へ感染していないかどうかを確認したところ、

 ✅ 妊婦におけるCOVID-19肺炎の臨床的特徴は、COVID-19肺炎を発症した妊娠していない患者でこれまで報告されている特徴と同様だった。

 ✅ 新生児仮死は観察されず、生存して出生した9例全例が、アプガースコア1分値が8~9、アプガースコア5分値が9~10であり安定していた。

 ✅ 9人中6人の羊水、臍帯血・新生児咽頭スワブ・母乳を検査可能だったが、検査可能だった全てのサンプルにおいて、COVID-19は検出されなかった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう