新型コロナウイルス(COVID-19)を疑った場合の検体は、咽頭ぬぐいよりも痰の方が適切かもしれない
スポンサーリンク

ウイルスの検出において、PCRは万能ではない。

■ 新型コロナウイルスの原因ウイルスであるSARS-Cov-2の検出は、PCRで行われますが、この検査はきわめて煩雑な検査です。

■ こんなイメージでいいかはわかりませんが、インフルエンザの迅速検査が『インスタントラーメン』だとすると、『フランス料理のフルコース』くらい違います。手間がかかるし、繊細なのですね。

■ しかも、今回の新型コロナウイルスのウイルスコピー量は、たとえばインフルエンザに比較しても少ないため、検出効率がさがるようです。

■ 実際の検出率は5割とも7割とも言われていますが、実際に、検体に応じてどれくらいの検出率なのでしょうか?

 

※ この報告は、2020/2/28現在『プレプリント(査読をまだ経ていない)』状況であり、変更される可能性があります。

※ あいち小児保健医療総合センターの伊藤健太先生( https://twitter.com/peaceplease1981 )から、以下のようなコメントをいただきました。

管理人注)
論文の本文には、『Suspected patients were diagnosed according to World Health Organization interim guidance.』
(COVID-19が)疑われる患者は世界保健機関の暫定指針に従って診断された
と記載されています。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のPCR検体において、咽頭スワブ(咽頭拭い液)と喀痰のどちらが検出率がよいかをペア検体で確認したところ、

 ✅ 喀痰や咽頭スワブから採取した検体からの2019nCoVの陽性率は、それぞれ76.9%および44.2%であり、有意な差があった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう