シャンプーやローションの容器は、どのキャップのタイプが汚染されにくいか?
スポンサーリンク

スキンケア用品の汚染は問題になることがある。

■ 手洗いが推奨されるにつれ、手湿疹の相談も増えています。

■ しかし、保湿剤自身が微生物に汚染される可能性があります。

■ 実際、医療機関で使われていた皮膚ケア製品から、感染がひろまったという報告もあります(Annals of internal medicine 1996; 125:799-806.)。

■ では、その容器のキャップの形状により、汚染度はかわるのでしょうか?

■ そのテーマでの研究をご紹介します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

シャンプー容器の蓋の種類が、スリットキャップ/フリップキャップ/スクリューキャップ、化粧水の容器の蓋がポンプトップ/、フリップキャップ/、スクリューキャップを用意して、細菌の汚染率を比較したところ、

 ✅ 標準的なスクリューキャップの容器は、シャンプー(汚染率29%)とスキンローション(71%)ともに、汚染度が高くなった。

 ✅ フリップキャップのシャンプー容器(0%)とポンプトップの化粧水容器(10%)がもっとも汚染度が低かった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう