ネコアレルギーのある喘息児は、ネコを飼っている家庭が多い環境では発作が起こりやすくなるかもしれない
スポンサーリンク

ペットに対する対応は、なかなか難しい。特にネコのふけは衣服について拡散する可能性がある。

■ ペットアレルギーに対する対応は決して簡単ではありません。

■ 衣服についてネコのふけが拡散することもわかっています。

■ 共存できるような状況であれば、それはそれで飼い続けてもいいかな…と私は思っていますが、意外な経路で喘息に影響することも報告されています。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

自宅でネコを飼っていない6~12歳の小児410人に関し、各クラスのネコを飼っている家庭の率と喘息症状の関連を検討したところ、

 ✅ ネコを飼っている家庭が18%以上(中央値)いるクラスの場合、ネコを飼っていない児でも、ピークフローが有意に減少し、喘息症状のある日数が増加し学校開始後の薬物使用が増えた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう