デュピルマブは6歳から12歳の重症アトピー性皮膚炎に有効であり、52週間投与でも安全(LIBERTY AD PED-OLE試験)
スポンサーリンク

デュピルマブが今後、小児適応がひろがってくることが期待されています。

■ デュピルマブ(デュピクセント)は、成人では重症アトピー性皮膚炎にひろく使われ始めています。

■ 小児では、12歳以上の重症喘息に適応はあるものの、重症アトピー性皮膚炎に対する保険適応はありません。

■ とはいえ、デュピルマブが今後、小児にも適応が広がってくることが期待されています。

■ 6歳から12歳に対する52週間の投与試験であるLIBERTY AD PED-OLE試験が、最近BJDに報告されましたので共有します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

重症のアトピー性皮膚炎患児(6歳以上~12歳未満)に対し、デュピルマブ2mgもしくは4mg/kgを単回投与した後、8週間の薬物動態調査を実施、その後、2mgもしくは4mg/kgを週1回4週間投与し(第IIa相)、さらにその後、同様に週1回投与し、その有効性と安全性を評価したところ、

 ✅ 治療に起因する有害事象(TEAE)の多くは軽症から中等症で一過性のものであり、治療を中止するに至ったものはなかった。

 ✅ EASI と PP-NRS の平均値は、第2週(第IIa相)にはそれぞれ -37%/-33%、-17%/-20%となり、第52週にはそれぞれ -92%/-84%、-70%/-58%まで改善した。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう