デュピルマブは、円形脱毛症に有効かもしれない:ランダム化比較試験

円形脱毛症の治療に、デュピルマブが奏功する?

■ 円形脱毛症(alopecia areata)は後天性脱毛症の中で最も頻度が高く、人口の0.1~0.2% に発生していると考えられています。

■ 円形脱毛症は、2型アレルギーに関連することが示唆されており、アトピー性皮膚炎の方により多く発症し、そして円形脱毛症の方にアトピー性皮膚炎を発症しやすい…という相互の関係が示されています。

■ そして、症例集積研究で、デュピルマブの効果が示されていました。

■ では、ランダム化比較試験で効果は実証されるのでしょうか。

■ 最近のAllergyの報告を共有します。

お知らせ
音声メディアVoicyのプレミアム放送(有料)で、ブログ記事の解説をしてみることにしました。
無料放送のほうが多いので、ご興味のある方はどうぞ…😌

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

アトピー性皮膚炎を合併している円形脱毛症患者+合併していない円形脱毛症患者を、40人にデュピルマブ300 mg毎週、20人にプラセボ毎週を24週間皮下投与し、その後さらに24週間のデュピルマブを継続投与したところ、

 ✅ デュピルマブ投与48週後、SALT30/SALT50/SALT75の改善を達成した患者はそれぞれ32.5%、22.5%、15%であり、ベースラインのIgEが200IU/ml以上の患者の奏効率はそれぞれ53.8%、46.2%、38.5%に増加した。

Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう