スポンサーリンク

Wei Z, Zhang J, Yu X. Maternal vitamin D status and childhood asthma, wheeze and eczema: a systematic review and meta-analysis. Pediatr Allergy Immunol 2016. [Epub ahead of print]


最近多くなってきているビタミンDとアレルギー疾患の関連に関する話題です。
あ、そういえば、まだpublishされていない論文は、これまで "in press"と記載していましたが、Epubがある場合は今回から上記のように記載することにします。


P: 2014年8月までPubMed、EMBASE、コクラン・ライブラリ、Wanfang、VIP、Chinese National Knowledge Infrastructure (CNKI)から基準を満たした報告
E: 母体のビタミンD
C: -
O: 児の湿疹、喘鳴、気管支喘息のリスクになるか


結果


母体のビタミンDと小児喘息に関する4論文(母児3666例)、母体のビタミンDと幼児期の喘鳴に関する4論文(母児2225例)、母体ビタミンDと小児期湿疹(母児2172例)が、基準を満たした。

母体のビタミンDは小児期湿疹と関連があった(オッズ比[OR] 0.904(95%信頼区間[CI] 0.831-0.983)。
一方、喘息(OR 0.981(95%のCI=0.944-1.019)と小児期の喘鳴(OR 0.995(95%のCI=0.982-1.009)には関連しなかった。

コメント

ビタミンD濃度とアトピー性皮膚炎の重症度に関連がないや、ビタミンDによるアトピー性皮膚炎治療のメタアナリシスなどをご紹介してきましたが、矛盾する結果です。

ビタミンDとアトピー性皮膚炎重症度は相関しない

ビタミンDとアトピー性皮膚炎治療: メタアナリシス
ビタミンDに関しての論文は増加していますが、喘息や感染症に関する報告が多く(Bozzetto S, et al., Allergy 2012; 67:10-7.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21933195)、アトピー性皮膚炎に関する報告はまだこれからのようです。
今後どのように発展していくか、見ていきたいと思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事