妊娠中のアレルゲン摂取は、子どものアレルギーを増やすのか?

■ 以前、妊娠中の母のピーナッツ摂取は、児のピーナッツアレルギーを減らすかもしれないという研究結果をUPいたしました

妊娠中の母のピーナッツ摂取は、児のピーナッツアレルギーを減らすかもしれない: コホート研究

■ が、今回はピーナッツ以外の食物も妊娠初期から摂取しておいたほうが良いという報告を見かけましたので読んでみました。

 

P: Project Viva pre-birthコホート試験に参加した母児2128ペア中、直接診察ができた1277ペア

E: 母が妊娠中の第1・第2三半期における食物アレルゲンの摂取量

C: -

O: 小児期(平均年齢7.9歳)で、血清特異的IgE抗体価と食物アレルギー、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎(アンケートによって評価)

 

 

結果

■ 小児期において、食物アレルギーは5.6%に認められ、28.0%は少なくとも1種類の食物アレルゲンに感作していた。

第一トリメスターにおける母のピーナッツ消費量が多いと、児のピーナッツアレルギーは有意に低下した(オッズ比[OR] 0.53、95%信頼区間[CI] 0.30-0.94)。

■ 第一トリメスターにおける母の乳の消費量が多いと、喘息リスク(OR 0.83、95%CI 0.69-0.99)とアレルギー性鼻炎リスク(OR 0.85、95%CI 0.74-0.97)が有意に減少した。

■ 第二トリメスターにおける母の小麦摂取が多いと、アトピー性皮膚炎リスクが有意に減少した(OR 0.64、95%CI 0.46-0.90)。

 

コメント

母が妊娠早期にピーナッツ、乳、小麦の摂取量が多いほど、小児期アレルギーや喘息が有意に減少するとまとめられます。

■ 新しい食物アレルギー診療ガイドライン2016でも、「妊娠中の母の食物除去は推奨しない」とされています。

■ アレルギーを予防するどころか、発症させてしまう可能性すらあるという結果ですね。

ただし、摂取しすぎはかえってアレルギーを増やすかもしれないという報告(Sicherer SH, Journal of allergy and clinical immunology 2010; 126(6): 1191-7.)もありますので、ほどほどがいいということでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事