スポンサーリンク

Pinto LA, et al. Increased risk of asthma in overweight children born large for gestational age. Clin Exp Allergy 2017; 47:1050-6.

肥満・過体重は喘息のリスクになる可能性が高い?

■ 今週は月曜・水曜と当直が続くこともあり、先週に引き続きAbstractでのUPが続いております(すいません)。ページビューは伸び悩み中で、当直などの影響もあり少しやる気が低下中。そんな中、微妙にブログのフォーマットを変えたりしています。

■ それはさておき、以前、妊娠中の母体の肥満が、母の喘息発症リスクになることをご紹介しました。

妊娠初期の肥満は、喘息発作のリスクになる

■ 今回は、出生時に過体重(在胎週数に比較して重い)で、かつ体重が多いままで成長すると喘息発症リスクが上がるという報告を御紹介いたします。

 

 出生コホート研究に参加した1608人のこどもに関し、8歳まで喘息発症を確認。

背景:

妊娠期間と比較して過体重で生まれた児( large for gestational age ;LGA)は、胎児の増加した発育速度のマーカーであり、小児期の過体重の危険因子である。

■ LGAとして出生することと、小児期の過体重は喘息発症に影響する可能性があるが、LGAと小児喘息における過体重の役割は不明である。

■ 最近の研究は、過体重と喘息の関連に非アレルギー経路に関連あるかもしれないことを示唆している。

■ もしこの現象をLGAと喘息の関連に適用するなら、LGA出生と喘息の関連はアトピー性および非アトピー性小児において異なる可能性がある。

 

目的:

■ 我々は、アトピー性および非アトピー性小児における8歳時点の喘息有病率と過体重の役割に関し、LGA出生との関連を調べた。

 

方法:

■ 8歳時点での喘息、計測結果、アトピー、潜在的な交絡因子に関するデータは、PIAMA出生コホートの1608人の参加者で利用可能だった

■ LGAと、アトピー性および非アトピー性小児における喘息の間のオッズ比は、可能性がある交絡因子を調整したロジスティック回帰分析によって推定された。

■ 過体重は、LGAと喘息における修飾因子として評価された。

 

結果:

■ LGA出生は、アトピー性および非アトピー性小児における8歳時点での喘息を、有意に増加させなかった。

■ しかしながら、8歳時点での過体重は、8歳時の喘息とLGAの間の関連を修正した。

LGA出生で8歳時点で過体重であった非アトピー性小児は、非LGAで非過体重小児と比較して、喘息発症のリスクが有意に高くなった(adj OR 7.04; 95%CI 2.2-24)

 

結論:

■ 我々は、8歳までの過体重であったLGA出生の非アトピー性小児は、喘息発症リスクが増加することを示した

■ 確認すると、これらの知見は、LGA出生の非アトピー性小児が、幼少時の喘息発症のハイリスク群であることを示唆する。

 

結局、何がわかった?

 ✅出生時に在胎週数に比べて過体重であり、さらに8歳まで過体重で成長したアレルギーでない児は、喘息発症リスクが約7倍になる。

 

 

 過体重(肥満)は、喘息発症リスクになるかもしれない。

■ 肥満はアレルギー炎症を悪化させるルート以外の機序で、喘息を悪化させる可能性があるとまとめられます。

■ しかし、出生時の過体重+その後の過体重の持続+非アレルギーと、条件がそろう必要があるようなので、気をつけていればだいぶんリスクは減らせそうです。

 

 

 

 

今日のまとめ!

 ✅体重が多めで生まれてその後も体重が多めであると、喘息発症リスクが上がるかもしれない。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事