スポンサーリンク

Bock SA. AAAAI support of the EAACI Position Paper on IgG4. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2010; 125(6): 1410.

食物特異的IgG(IgG4)に対する公式見解。

うさみん
今日、初診の患者さんが、「食物特異的IgG検査」を持っておいでになって、「IgGが陽性だとアレルギーだから除去しましょうと言われました。でも、除去するのは大変で、、いままで食べてましたし。どうしましょうか?」と受診されたんです。
そんな検査みたことなかったので、とりあえず保留にしてしまったんですけど、、

ほむほむ
うーん、その検査は少なくとも学会では推奨されいない方法だね。
日本だけでなく、欧州も、米国も、食物特異的IgG(IgG4)を除去食の指標にすることは推奨していないんだ。

うさみん
はあ、、そうなんですねえ、、
IgG4って、なんなんでしょう?

ほむほむ
すごく簡単にいうと、防御抗体と言われている抗体で食物に耐性ができてくると上がってくることが多いんだ。
食物に対する免疫療法の研究ではその耐性の指標にもされることが多いね。

うさみん
じゃあ、除去の指標にはならないですね、、
IgG4はなんの意味もないんですか?

ほむほむ
うーん、そうばかりでもなくて、最近は好酸球性食道炎の場合は高値になるかもという報告もみられるようになっているから、ちょっとややこしいんだ。でも、普段は、食物特異的IgGやIgG4を検査する場面はまずないと思っていいよ。
じゃあまずは、欧州や米国アレルギー学会のポジションペーパー(公式見解)をみておこうか。
示唆に富む内容だと思うよ。

 

IgG4検査に関する欧州レルギー臨床免疫学会の公式見解と、それを支持した米国アレルギー喘息免疫学会。

背景

■ 食物に対するIgG4検査に関する最近のStapelらが欧州アレルギー臨床免疫学会(European Academy of Allergy and Clinical Immunology; EAACI)が発表したポジションペーパー(公式見解)は、この問題が世界中に広がっていることをタイムリーに想起させるものである。

■ アレルギー症状の疑いのある検査を得ることに対する容易さは、高度な解釈を必要とし、進行中の問題である。

■ アレルギーに対するすべての検査は、科学的根拠があれば支持されるべきであることを強調すべきである。

■ 支持する臨床的エビデンスがない場合、特定の検査を不適切に使用し診断を行うと、患者に対する不適切な治療となり、患者のQOLに重大な悪影響を及ぼすことがある。

米国アレルギー喘息免疫学会(American Academy of Allergy, Asthma & Immunology)はEAACIポジションペーパーを支持している。文書全体を再掲はせず、以下の点に重点を置く必要があった。

要旨
1. 良好な病歴や負荷試験がされていない場合は、血清抗体検査を使用して食物アレルギーを診断することは可能でもなく適切でもない。
2. IgG4またはIgE(または他のIgGサブクラス)の血清抗体価は、特異的抗体の存在を示すが、診断には至らない。抗体の存在は疾患を示すものではない。
3. プライマリケアにあたる医療者は、病歴を聴取せず、検査の解釈に熟練した背景なく食物アレルギーの血清抗体検査(通常はIgE)をオーダするするのが一般的である。これらの検査は、病歴に基づいて選択されるのではなく、パネル(セット検査)として取得されるのがしばしばである。この結果は、患者が十分に摂取できるものの原因とされた食物が食事から除去されるといった混乱を招く可能性がある。摂取できている食物は、陽性の結果があっても食事から除去されるべきではない。
4. 一部の医師は食物のIgGやIgG4抗体検査をオーダしその結果は誤って解釈され、栄養学的に不足し継続することが容易ではない食事につながる可能性がある。
5. コマーシャルベースの検査機関は、すべての開業医にこれらの試験をしばしば提供している。そして、マーケティングや販売担当者が試験の解釈の容易さを単純化するのは珍しいことではない。
6. IgE依存性特異的抗体検査の誤解は、検出限界以下の抗体値が陰性と解釈されることである。患者が食物を摂取するように指示された後、臨床症状が生じると検出限界以下の検査結果が必ずしも負荷陰性の結果とならないことが強調される。
結論

■ これらのコメントは、血清中の食物特異的抗体の検出が食物アレルギーまたは不耐性を示すものでは必ずしもなく、むしろ食物への曝露に対する免疫系の生理学的反応であることをStapらは繰り返し述べている。

IgGおよび、とりわけIgG4については、正常なヒトの反応であるかもしれない

特異的IgE抗体の検出は、反応が起こる可能性を示しているかもしれないが、これらの抗体の存在に対する臨床的な結果はしばしば陰性である。

 

結局、何がわかった?

 ✅IgGおよび、とりわけIgG4については、正常なヒトの反応であるかもしれない。

 ✅特異的IgE抗体は反応が陽性である可能性を示しているかもしれないが、臨床的な結果はしばしば陰性となる。

 

 

食物特異的IgG4抗体価は、一般に食物アレルギーの検査としては用いない。特異的IgE検査にも限界があることを意識すべきで病歴を聴取し、セット検査はすすめられない。

■ 大事な公式見解と思います。日本アレルギー学会も同様の見解を発表しています。

血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起

■ 一方で、一般に食物アレルギー診療にルチーンに必要な検査では全くありませんせんが、IgG4に関しては最近別の結果も出始めています。後日ご紹介したいと思っています。

 

今日のまとめ!

 ✅IgG4抗体価は、食物アレルギーの一般診療には用いることは勧められない。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事