魚介類アレルギーの場合に、缶詰を摂取できる確率は?
スポンサーリンク

魚アレルギーがある場合に、缶詰を摂取できる可能性はどれくらいか?

■ エビデンスレベルの高い魚アレルギーの報告は少なく、また、自然寛解はすくないと考えられています。

■ 一方、出汁は多くは摂取でき缶詰は一部摂取できるとはされていますが、きちんとした確率をだした報告はほとんどありません。

■ そこで後ろ向きの症例集積研究ですが、魚アレルギーがある場合の特徴を報告した研究結果をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

魚介類に対する明確な臨床反応のの病歴および/または食物負荷試験陽性である小児167人(男児62%)において、

 ✅ 最も一般的な関与した海産物はエビだった。

 ✅ 1/5に魚介類に対するアナフィラキシーの既往があった。

 ✅ マグロやサケにアレルギーのある小児において、缶詰の魚に耐性があったのは少なくとも21%だった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう