花粉にさらされると、アトピー性皮膚炎が悪化するかもしれない
スポンサーリンク

花粉により、湿疹の悪化があることが知られています。

スギ花粉の時期に皮膚炎が悪化することはよく知られています(Yokozeki H, et al. Contact Dermatitis 2007; 56:224-8.)。

■ 日常診療でも、例えば外で運動をよく行うアトピー性皮膚炎のお子さんにおいて、露出部位の悪化があることをよく経験します。

■ 今回は、成人のアトピー性皮膚炎に対する検討ですが、「花粉曝露室」により、カモガヤ花粉(イネ科花粉)に感作されているアトピー性皮膚炎が、カモガヤ花粉で実際に悪化するかどうかを調査したランダム化比較試験をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

カモガヤ花粉に感作された成人のアトピー性皮膚炎患者をランダム化し(負荷群6名、プラセボ群11名)、花粉曝露室によるカモガヤ花粉による曝露で悪化があるかを検討したところ、

 ✅ 花粉へ曝露された群はアトピー性皮膚炎が有意に悪化し、特に、衣服に覆われていない部位がより悪化した。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう