アトピー性皮膚炎における保湿剤の使用量は思った以上に少ないかもしれない
スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に対するステロイド外用薬や保湿剤の使用量に関して、大規模後ろ向きコホートで調査された。

■ アトピー性皮膚炎に対する保湿剤は、きちんと使用するとステロイド外用薬の使用量を減らしたり、再燃を予防する効果があります。

■ しかし、保湿剤を毎日塗っていくことは決して簡単ではありません。

■ 今回は、ステロイド外用薬や保湿剤の実際の使用量を大規模後ろ向きコホート試験で確認した報告をご紹介します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

プライマリケア844施設における45万人(31年間)のアトピー性皮膚炎患者において、ステロイド外用薬と保湿剤の使用量を12ヶ月間にわたり確認したところ、

 ✅ ステロイド外用薬の使用量の中央値は、成人患者 vs 若年者(16歳未満)(49.2 vs 38.1g/月)、男性vs 女性(46.8 vs 29.7g/月)、喘息の治療も受けている患者(40.4 vs 26.7g/月)で有意に多かった。

 ✅ 保湿剤の使用量の中央値は9.6g/日(範囲1.4-30.1g/日)だった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう