小麦アレルギーがよくなってきているかの指標として、ω5グリアジン特異的IgE抗体価は有用である
スポンサーリンク

小児の小麦アレルギーの指標として、小麦特異的IgE抗体価だけでなく、『ω5グリアジン』が広く使われている

■ 食物アレルギーの評価のための血液検査では、『コンポーネント検査』がひろく使われるようになりました。

■ すなわち、たとえば卵における『オボムコイド(Gal d 1)』や、ピーナッツにおける『Ara h 2』などです。

■ 小麦に関しては『ω5グリアジン(Tri a 19)』がひろく使われる様になっています。

■ 詳細は、インスタで解説しているので御覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほむほむ(@homuhomu_allergist)がシェアした投稿 -

■ ω5グリアジンに対するIgE抗体価は、診断にも有用ですが、予後の評価にも有用であることが示されています。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

小麦アレルギーと診断された67人において、2年間の除去食後に改善した群・改善しなかった群のω5グリアジン特異的IgE抗体価を確認したところ、

 ✅ 小麦アレルギーが寛解した15人中10人では、ω-5グリアジン特異的IgE抗体価は0.35 kUA/L未満(平均0.34 kUA/L;範囲、0.34~2.3 kUA/L)だった。

 ✅ 小麦アレルギーが寛解しなかった14人中12人では、ω-5グリアジン特異的IgE抗体価は依然として上昇していた(平均5.89 kUA/L;範囲0.34~16.3 kUA/L)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう